「デリケートゾーンの黒ずみ」種類とケア

人にはなかなか言えない悩みのひとつが、デリケートゾーンの黒ずみです。
デリケートゾーンが黒ずんでいるために、恥ずかしくて公衆浴場などに入れないという人もいます。

デリケートゾーンの黒ずみの種類と原因

デリケートゾーンの黒ずみには、様々な種類があります。
女性に多いのが、下着や衣類による摩擦で生じる黒ずみです。

刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。
生成されたメラニン色素が、スムーズに排出されないと、色素沈着として残ってしまうのです。

darkening-trouble_sad02

app-clean-icon特にデリケートゾーンは、24時間下着による刺激を受けています。
なので、下着の素材も、肌への刺激が少ない綿やシルクにした方が安心です。

黒ずみの悩みを抱えている人の中には、こすれにくいボクサータイプのショーツを着用している人も少なくありません。

黒ずみの種類によりケア方法は異なる。

ほとんどの場合、刺激による黒ずみが多いのですが、その場合は、デリケートゾーン専用の美白クリームなどを使って黒ずみを解消することが可能です。

asterisk-orange-icon最近は、優れた美白ケア製品が次々と開発され販売されています。
頑固な黒ずみを美白したい場合は、皮膚科クリニックで治療を受ける人も多いですよね。

皮膚科クリニックに行くと、メラニン色素を抑えるハイドロキノン配合のクリームなどを処方してくれます。

darkening-trouble_sad03

ハイドロキノンは、漂白作用が強く、メラニン色素を作るメラノサイトも減少させます。

また、ケミカルピーリングにより、皮膚のざらつきを取り、黒ずみを薄くしていく方法もあります。

ただ、ハイドロキノンやケミカルピーリングは、刺激が強いので使用する場合は注意が必要です。
誤って使うと、肌トラブルの原因になります。

darkening-trouble_sad04

デリケートゾーンの美白ケアで重要なこととは?

デリケートゾーンの美白ケアで重要なのは、焦らないことです。
app-clean-iconデリケートゾーンは、もともと皮膚が薄いため、色素沈着を起こしやすい部位なのです。
あまり神経質になると、ストレスでさらに肌トラブルを招く危険があります。

どうしても黒ずみが気になる場合、評判の良いデリケートゾーン専用の美白クリームを使って様子を見る人もいます。

l1-sk01-1最近は、美白成分も進化しているので、市販の美白クリームでも効果を感じる人は多いです。

ドラッグストアやデパートに行くと、美白効果が期待できる化粧品が数多く販売され、人気を集めています。

darkening-trouble_sad05

NET通販専門の黒ずみケアもおすすめです。

NET通販を利用すると、口コミサイトでも人気がある様々な黒ずみケア商品を購入することができます。
当サイトでも管理人自ら、様々な黒ずみケアクリーム・ジェルを実際に試して効果を検証中です。

 

<関連記事>

actions-mail-forward-icon「デリケートゾーンの黒ずみ」原因とケア
darkening-trouble_sss01

actions-mail-forward-icon「デリケートゾーンの黒ずみ」悩みとケア
darkening-trouble_ddd01

actions-mail-forward-icon「デリケートゾーンの黒ずみケア」
woman_face_sad_s

「ワキの黒ずみケア」

カテゴリー一覧

「デリケートゾーンの黒ずみケア」

「バストトップの黒ずみケア」

コメントを残す

◇人気女性誌5誌で『黒ずみケア部門第1位』獲得!!◇

モデル(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)も愛用

デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

「ひじ・ひざの黒ずみケア」