「ひじ・ひざの黒ずみ」種類とケア

number-1-icon-1ひじ・ひざの黒ずみの種類や傾向について

黒ずみのタイプで多いのは色素沈着によるもので、全体的に黒っぽくなる場合と、くすんでいる中に部分的に黒が強く出ている部分などがあります。

黒ずみの発生は刺激を受けることが原因で、その刺激の内容には摩擦や圧力、紫外線があります。
刺激から肌を守ろうとする時、防御反応として色素細胞が活性化してメラニンの生成が肌の奥で行われ、徐々に表面に上がってきます。

hiji-hiza_care_we003
刺激が続くことでメラニンの生成が何度も繰り返されて、色素が沈着してひじ・ひざの黒ずみになります。
乾燥という肌への刺激は、メラニン色素ではない黒ずみの発生を促し、角層の肥大化から肌のターンオーバーの遅れにつながります。

そして古い角質層がいつまでも残ってくすんでいくのです。
やがて皮膚の硬質化とともに毛穴の詰まりも起きるようになり、黒ずみに至ります。

hiji-hiza_care_we002

number-2-icon-1ひじ・ひざの黒ずみの悩みとはどのようなもの?

関節部位は頻繁に曲げたり伸ばしたりして刺激を無くすことはできないため、常にケアに注意を払わなければならない点です。

他の部位であれば色素沈着があっても、肌の表面にメラニン色素が上がってきたときに垢とともに剥がれ落ちて徐々に薄くなっていきます。

hiji-hiza_care_we004
しかし、摩擦や圧迫の外部刺激が常にあると、表面だけでなく深部までずっと黒くなってしまっているので、ケアを行わないと薄くしていくことができません。

number-3-icon-1ひじ・ひざの黒ずみのケアにはどのような方法がある?

必要な対策として肌のターンオーバーを促すために、乾燥を解消させて角層の潤いを保たせる必要があります。
剥がれ落ちずに肥厚化してしまった古い角質を除去することも合わせて行っていかないといけません。

ケア製品が沢山販売されているので、自分にあったものを選んで対応していくと効率的です。

rocoshine_001

check-iconさらに、少しでも刺激を解消させるために、癖で頬杖をつく人や膝たちをする機会が多い場合にはできるだけ、癖を減らすべきです。
体を洗う場合にもゴシゴシ洗わずにスポンジなどで優しく洗うように心がけていくことも必要です。

 

<「ひじ・ひざの黒ずみ」種類とケア/まとめ>

ひじ・ひざの黒ずみの種類を把握して、色素沈着や皮膚の硬質化などの悩みに適したケア方法を選択することが大切です。

star-icon保湿や古い角質の除去をする時、誤った方法を行えばそれがまた刺激となります。
メラニン色素を生成させたり、肌のターンオーバーを狂わせる要因になってしまう可能性もあります。
誤った対応をしないためにも、ケアに使う製品はNET通販専門の黒ずみケアがオススメです。

 

<関連記事>

actions-mail-forward-icon「ひじ・ひざの黒ずみ」原因とケア
hiji-hiza_care_wa001

actions-mail-forward-icon「ひじ・ひざの黒ずみ」悩みとケア
hiji-hiza_care_v001

actions-mail-forward-icon「ひじ・ひざの黒ずみケア」解決しましたか?
woman_bodycare_s

bell-icon「ひじ・ひざの黒ずみケア」ランキングはこちらから
hiji-hiza-care_n001

「ワキの黒ずみケア」

カテゴリー一覧

「デリケートゾーンの黒ずみケア」

「バストトップの黒ずみケア」

コメントを残す

◇人気女性誌5誌で『黒ずみケア部門第1位』獲得!!◇

モデル(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)も愛用

デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

「ひじ・ひざの黒ずみケア」