「バストトップの黒ずみ」種類とケア

バストトップの色に自信が持てないという日本人女性は意外に多く、8割以上の方が自分のバストの色に不満があるというデータがあります。
本来日本人は黄色人種であり、白人の方のような白い肌やピンク色のバストトップをお持ちの方は少なく、2割を下回るとのことです。

これらのデータからもわかるように、バストの色がピンク色ではないという女性が自分のバストの色に不満や悩みを持つのではないでしょうか。
実際にピンク色の肌は赤ちゃんのように穢れのない印象もありますよね。

なぜ乳首は黒ずむのか?

bust-top_care_dd001

ピンク色は女性らしい色でもありますから、男性にとってもより女性らしく清純なイメージを良いものと、とらえるのは致し方ないことかもしれませんが。。

思春期以降のバストトップの変化

思春期以降バストトップの色に変化がみられたり、妊娠出産を経てさらに色が濃くなってしまうことは多くの女性が経験しているようです。
check-iconこういった変化には女性ホルモンの作用や、日常生活などの要素が関係しているようです。

思春期以降は女性へと成長することで子どもを授かり、産み、育てるために必要なからだの変化のひとつとしてバストの色が変化することがあります。

妊娠や出産のタイミングではバストそのものが大きく膨らみますが、これは乳腺が発達することが関係しています。

bust-top_care_dd002
さらにバストトップの色は濃くなり、赤ちゃんに見つけやすい状態になりますからね。
黒ずんだようになるため、女性本人としてはショックを受けたり悩みになることもあるでしょう。

バストトップの黒ずみにはこれらホルモンの作用によるもの以外にも種類があります。
繰り返す日常生活の習慣の中で黒ずみを発生させてしまう原因が含まれている場合もあるのです。

乳首の黒ずみの原因は色素沈着が関係しています。

色素沈着は日焼けや肌への摩擦や圧迫などが原因となってあらわれる肌の色の変化です。
肌を外敵から守るためにメラノサイトが過剰に反応した状態です。
バストトップの黒ずみは改善させることができます。

ケア方法は黒ずみの原因となったことの種類は関係なく、同じ方法をとります。
まずは何よりも保湿を怠らないということです。

bust-top_care_dd004

また、
入浴時などからだを洗う際は肌の負担になるようなスポンジやタオルなどによる摩擦を発生させないよいうに、しっかり泡立てた石鹸や出産などで手を使い優しく洗います。

入浴後は肌が乾く前にボディクリームなどでマッサージしながら保湿します。

bust-top_care_dd005

月に1度程度、ピーリング効果のあるローションなどを使用しても良いでしょう。
またビタミンCなど色素沈着を改善する効果のあるサプリメントも効果的です。

 

<関連記事>

actions-mail-forward-icon「バストトップの黒ずみ」原因とケア
bust-top_care_sx001

なぜバストトップが黒ずむのかというと、メラニン色素が沈着するのが1つの原因です
arrow-right-icon続きを読む


actions-mail-forward-icon「バストトップの黒ずみ」悩みとケア
bust-top_care_s001

原因には多数の種類がありますが根本的に乳首の黒ずみは、乳首を保護するためにメラニン色素が細胞内に沈着することで発生するものです。arrow-right-icon続きを読む


actions-mail-forward-icon「バストトップの黒ずみケア」どうしてます?
nayami-busttop_001

 

「ワキの黒ずみケア」

カテゴリー一覧

「デリケートゾーンの黒ずみケア」

「バストトップの黒ずみケア」

コメントを残す

◇人気女性誌5誌で『黒ずみケア部門第1位』獲得!!◇

モデル(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)も愛用

デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

「ひじ・ひざの黒ずみケア」