「カラダの黒ずみ」原因とケア方法

私たちの身体には知らず知らずのうちに黒ずみができやすい箇所がいくつかあります。
身体の黒ずみの種類として代表的なものは、肘、膝、かかとが挙げられます。
そして、人目にあまりつかないところでは乳首やデリケートゾーンも黒ずみができやすい部位です。

体の黒ずみができて生じる悩みとは?

体の黒ずみができて生じる悩みはなんといってもその見た目です。
どんなにオシャレをしてキレイにしていても、黒ずみがあるだけで台無しになってしまって、一気に残念な体に見えてしまいます。
darkening-trouble_ds02

app-dict-iconそこで、そんな悩みを解消すべくケア方法ですが、これは種類によって少し異なります。

肘や膝、かかとの黒ずみの原因とは?

肘、膝、かかとの黒ずみは皮膚が酷使されることによって生じます。
これらの部位は皮膚に元々皮脂腺が少なく潤いが少ない部位なので乾燥しやすい上、関節があるので皮膚の伸縮が多いので皮膚にかかる負荷が大きいのです。

star-iconまた、膝に関しては足を組むことでさらに膝の皮膚が摩擦受けたり、ジーンズなど固い生地のパンツを履いたりしますよね。
肘はテーブルなどに肘をついたりと肌への負荷がかかる作業が日常的に多い箇所でもあり、それも黒ずみの原因となります。

darkening-trouble_v02

乳首やデリケートゾーンは元々メラニンが多いので黒ずみが起きやすい部位です。

常に下着に包まれている部位でもあるので、繊維がこすれることで肌へ刺激となり黒ずみが起きてしまいます。
自分のお肌に合ったサイズの下着を着ること、そして肌に優しい素材を選ぶことが大切です。

l1-sk01-1具体的な改善方法としては、肘、膝、かかと、乳首、デリケートゾーンすべてに共通するのは正常なターンオーバーを起こすことです。

check-icon私たちの身体にはターンオーバー機能という肌の再生機能が元から備わっていて、正常に行われることで古い角質が剥がれて新しい健康的な皮膚へと生まれ変わります。

ただし、肌に水分量が足りないとターンオーバーが正常に行われず、いつまでも古い角質が表面に留まり黒ずみを作りだす原因となります。

woman_mirror_s

そのため、特に常に乾燥状態にある肘、膝、かかとは保湿効果の高いクリームなどでこまめに潤いを与えて、皮膚を柔らかくすると共に正常なターンオーバーを促してあげることが最善のケア方法です。
乳首やデリケートゾーンはメラニンが多い箇所のため、美白成分が入ったこの部位専用のケア用品を使うこと。

app-clean-iconそしてサイズのあった下着を着用することが改善への近道となります。

このように、身体の黒ずみに関しては日々の生活習慣を少し見直すと共に、専用のケア商品がネットで販売されています。
それらを上手に取り入れてケアすることが大切です。

ibiza_a010

 

<関連記事>

actions-mail-forward-icon「カラダの黒ずみ」種類とケア
darkening-trouble_dz01

actions-mail-forward-icon「カラダの黒ずみ」悩みとケア
darkening-trouble_v01

actions-mail-forward-iconどんな黒ずみに悩んでいますか?悩み別ケア方法
kurozumi-care_g01

 


関連記事


「ワキの黒ずみケア」ランキング

  1. No.1ワキ快適♪黒ずみ・消臭もケア!「薬用アットベリー」

  2. No.2ワキの黒ずみケアに特化した専用ジェル「ピューレパール」

  3. No.3ワキの黒ずみケアに「イビサクリーム」


おすすめ記事